色彩は生理と行動にも絶大な影響があります。色は生理に大いに関係がありますし、影響を及ぼします。

色彩は私たちにパワーと癒しを与えてくれていますが、なぜ、特定の色を見たり、身につけたりするとパワフルになったり、癒されたりするのでしょうか?

私たちは体の五感といわれる嗅覚・聴覚・味覚・触覚・視覚によって外部からの情報を得ていますが、この中で最も情報量の多いのが目から入ってくる情報量で全体の87%を占めていると言われています。この視覚からの情報の大部分は主に色彩の違いからのものと言えます。

人間の感じる唯物論的な感情の割合

普段なにげない生活をしていて、今日は何となく気分が良いとか、憂鬱だとか思ったことはありませんか? また、真っ青な空と白い雲、青い海と白い波、緑色の草原を見て爽やかな気分になったりしませんか?

色彩の違いを好むと好まざるに関わらず、人間は回りに存在する色彩から影響を受けています。また、色彩は、目の見えない人にも影響を与えることが分かっています。

たとえば、青色光は血圧を下げたり、頭痛をおさえたり、逆に赤色光は血圧を上げたり、脈拍を速めたりします。ですからビルの中や太陽光の当たらない所にいれば、色彩のバランスを欠き、必要な色彩が身体に入れなくなり、その影響が精神や身体に出てきて病気の元となります。

世代間や性別間での嗜好における心理的影響を製品や、働く環境、住環境などに取り入れ、環境改善など企業業績アップや地域おこしなどに応用できます。

色彩には個人それぞれに好き嫌いがありますが、例えば、衣服に関して営業するのに良い服の色、恋人に好かれたい装いの色使いなどがあります。それが還元色であったなら、とてもハッピーな事です。

建築関係なら、そこに住む人がどう感じるか、どのように住みたいか、また、子供が勉強に集中できる色使いなどで壁紙やジュータン、カーテンなどの色が変わってきます。寝室は当然よく眠れる色になるでしょう。これらもまた還元色ならば健康に最適です。

人は外界の様々な色彩から影響を受ける

色彩は生理面や、美容面に応用できるものがあります。
この生理面と美容面については、普段、なにげない生活をしていて、今日は何となく気分が良いとか、憂鬱だとか思ったことはありませんか?

例えば、熱があるときや夏の熱い日など、赤い色を見るとつらくなる感じがしますが、青い色や、緑色をみると楽になります。

また、真っ青な空と白い雲、青い海と白い波、緑色の草原を見て爽やかな気分になったりしませんか?
好むと好まざるに関わらず、人間は回りに存在する色彩から影響を受けています。