色彩があなたの疲れを還元、リラックスして癒やします。日光のカラーシャワーを浴びて下さい。

色彩、カラー、アンチエイジング


心理に影響あり

色は心理にも影響がある

 色は心理に大いに関係がありますし、影響を及ぼします。
 色彩は私たちにパワーと癒しを与えてくれていますが、なぜ、特定の色を見たり、身につけたりするとパワフルになったり、癒されたりするのでしょうか?


 私たちは体の五感といわれる嗅覚・聴覚・味覚・触覚・視覚によって外部からの情報を得ていますが、この中で最も情報量の多いのが視覚の情報量で全体の87%を占めていると言われています。この視覚からの情報の大部分は主に色彩からのものと言えます。

 普段なにげない生活をしていて、今日は何となく気分が良いとか、憂鬱だとか思ったことはありませんか?(「あなたの好きな色と嫌いな色分析」)また、真っ青な空と白い雲、青い海と白い波、緑色の草原を見て爽やかな気分になったりしませんか?

 好むと好まざるに関わらず、人間は回りに存在する色彩から影響を受けています。また、色は、目の見えない人にも影響を与えることが分かってきています。たとえば、青色光は血圧を下げたり、頭痛をおさえたり、逆に赤色光は血圧を上げたり、脈拍を速めたりするのだそうです。ですからビルの中や太陽光の当たらない所にいれば、色彩のバランスを欠き、その影響が精神や体に出てきて病気のもととなります。

ライト・トーナス値

 光や色彩によって私達の筋肉が緊張・弛緩と言った変化を繰り返す事を『トーナス』と言います。そして光の加減や色彩の変化による体の筋肉の緊張・弛緩現象を脳波や汗の分泌量から客観的に示したものを『ライト・トーナス値』と言います。

 一番弛緩した[正常値]が23で、ベージュ・パステルカラーがこれに近く、次いで青が24、緑が28、黄が30となり、橙の35で緊張興奮に変化し、赤は42と最高値を示し被験者の血圧までも上がってしまうそうです。心理的な影響と思われがちな色彩が生理現象としてもハッキリと現れています。

 このように色彩が私たちの心理や体に及ぼしている影響は計り知れないものがあります。そうであるなら身近にある色の着いたものから、どのような影響があるのか、調べてみる必要があり、特に赤ちゃん、幼児期から子供の場合、着る物や食べ物、オモチャなど、色彩の心理を知っていて与えるのと、知らないで与えるのでは、恐ろしいものがあります。

赤ちゃん何色好き

 赤ちゃんは生後2〜3ヶ月で色彩を識別する能力が芽生えます。また、赤ちゃんは明度の高いパステル系の色が好きです。いつもそばに居る母親は黄色、白色、ピンク色などの明るい暖色系の服を着ているのが良いかも知れませんね。赤ちゃんはどちらかというと寒色系の色はあまり好きではなく、特に黒は嫌います。
作業生産性早める

 我が国の製造業の生産性はすばらしいものがありますが、ホワイトカラーの生産性は残業が多く、先進7カ国において最下位となるほど生産性が低いのです。色彩でそれを少しでもカバー出来ればと考えています。

 例えば社内を寒色系にしたときと暖色系にしたときとを比べてみましょう。
 寒色系にすれば時間が過ぎていくのが早く感じられますので、単純単一作業には良いかも知れません。しかし、室内の冷暖房に関しては22度に設定すると2度低く感じられ寒く感じます。

 社内を暖色系にした場合では時間がゆっくり感じられますので、単純単一作業をしていれば時間は長く感じられ退屈と感じるでしょう。しかし、室内の冷暖房に関しては22度に設定すれば2ど高く感じられ暖かい感じがします。

 そこで、仕事の生産性を上げるのなら寒色系にしなければなりませんが、暖房費を下げるなら暖色系が良いのです。差し引いたコストの関係で決めるのも一つの手段ですが、そこには生産性をあげ、冷暖房のコストを考える様々な色彩戦略があるのです。

 特に製造業では室内は寒色系で操作する機械はオレンジや赤が生産性を上げ、時間も短く感じるようです。オレンジや赤色はやる気を起こす良い色ですが、だからといって室内全部を赤色にした場合は、胃痛で入院する人や激高がおき、喧嘩を始める人が多くなり、お薦めできません。

 色彩の心理的な作用は如実に現れます。着る物で性格が変わったり、相手を好きになったり、嫌いになったりと様々な事を心へ語りかけてくれます。どんな性格の人でも好きな色と嫌いな色があるはずです。

 しかし、「好きな色と嫌いな色」は時代や環境、自身の成長で変わっていきます。勿論、変わらない人もいます。ですから、現在のあなたの「好きな色と嫌いな色」で現在抱えていらっしゃる心理の真実が分かります。


Copyright 2009© 2009 Sentences and Graphic Design by Color Do Re Mi. by T.O.B.P.O All Rights Reserved.

ページトップへ戻る